顔のたるみをチェックしてみよう

illust3452.png

目の周りやまぶたのたるみは、顔に出るたるみの中でも、何かと不快な症状が伴いやすいものです。

さっそくチェックしてみたいのは、自分の顔に、たるみが出始めているのか簡単にわかるという方法です。

力を入れて目を閉じて、それ、そして力を抜きます。

目を正面に鏡があることをイメージして開きます。年齢を重ねると共に、しわやたるみは誰にでも起こり得ます。

ふつう眉毛はほとんど、顔のたるみが少ない時には移動しません。

まゆ毛の位置は、まぶたのたるみが進むと、目を開けた時にその分だけまぶたを持ち上げる必要があるため上がってくるのです。

目のたるみは顔のたるみの中でも、普段の日常生活とも大きく関わってきていることが実はわかっているのです。

夜更かしをする、泣く、花粉症といった時には目をこすることがよくあります。

たるみの原因に、まぶたの筋肉を伸ばすことにつながることでなることがあります。

目をこすることが若いうちから多いと、たるみやすくなる傾向が目元を中心としてあるといいます。

顔のたるみが起こりやすくなる原因として、顔の筋肉が緊張することもあげられます。

普段の生活から、顔にある表情筋をバランスよく使うことも顔のたるみを防ぐにはとても大切です。