紫外線について

GW059_72A.jpg

紫外線は1年じゅう地上に届いており、肌にどんな影響があるかは世界的にも注目されているようです。

例えばオーストラリアなどではオゾン層が破壊され始めている影響を受けています。

皮膚への紫外線の作用は、一層大きいものになっているようです。夏場はプールや屋外活動など、陽射しを浴びる機会も増えます。

日本では昔から、日焼けをすることは健康的といったイメージがあります。

元気で活動的な子どもほど、小麦色に日焼けをすると考えられていました。

この頃は、紫外線による肌への悪影響がクローズアップされています。

日焼けをせずに済むならその方がいいとも考えられているようです。できたら紫外線は浴びないようにするという考えに変わってきています。

確かに成長期でもある子供の場合は、カルシウムを生成するために日光に当たることは健康の上でも必要なことです。

とはいえ、紫外線の影響で肌を傷めてしまっては大変ですので、日焼けをしすぎないように注意をしながら日光を浴びることが大事になります。

紫外線の強烈な季節には日焼け止めクリームなどを積極的に使って、日焼けはほどほどにするようにしましょう。

紫外線は肌にとっていいことはないという考え方で、大人は対応した方がよさそうです。