紫外線の対策は年間を通して必要なの?

illust3502.png

紫外線対策してますか?

紫外線対策をしっかりしておかなければ、肌のしみやそばかす、たるみやしわが目立つようになります。

地球に降り注ぐ太陽光の中でも波長が短く、強いエネルギーを持っている光が紫外線と呼ばれています。太陽の光を分析すると、大別して赤外線、紫外線、可視光線の3種類になります。

明るく感じる光が可視光線、暑さを感じる光が赤外線です。

そして皮膚に照射されるとビタミンDを作るのが紫外線です。
普段の食べているものからビタミンDは得ることがてきますし、太陽光も冬の光で十分ビタミンDを作り出せます。

健康維持のために役立つ紫外線ですが、長時間浴びすぎると悪影響の方が出るため対策が求められます。紫外線はさらに、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。

このうち、地球に届く波長はAとBの波長であり、一番害が強いCの波長はオゾン層から先は到達しません。A波とB波はオゾン層を突き抜けて地表に届くので、対策が必要です。

B波は8月のオゾン層が減る時期が要注意です。UV-Aは、太陽の位置が最も高くなる5月に一番多くなります。少ないとはいえ、冬の間でもUV-Aは夏の間の1/2にしかなりません。

冬や曇天で太陽が出ていないと感じる日でも、紫外線対策をきちんと行わなければ気づかぬうちに影響が出ていることがあります。