フォトフェイシャル治療とレーザー治療とは?

illust3466.png

最近話題のフォトフェイシャルで使う光とは、どのようなものでしょうか。

レーザーを使った美肌治療は、光を使ってしみやそばかすを目立たなくできるとして知られています。

フォトフェイシャル治療で使う光はIPLというもので、レーザーとは違うものです。

フォトフェイシャルはカメラのフラッシュのようなマイルドな光で、痛みに弱い人でも安心して受けられます。

レーザー施術では、赤に反応する光で毛細血管を、黒に反応する光でメラニン色素に作用させるという二本立てです。

IPLはひとつでどちらの働きも兼ね備えているのが特徴です。

どういった点で、レーザー治療とフォトフェイシャル治療は区別することができるものでしょう。

肌トラブルの原因となっているターゲットであるメラニンや毛細血管などを、ピンポイントで照射の対象と出来る点にあります。

レーザーによる治療では、治療部位以外の細胞もいためてしまう可能性があります。

皮膚全体に光を当てても、しみやそばかすがあるところだけフォトフェイシャルの光が作用するという点も魅力的です。

思わぬ副作用が出る危険も低いため、顔じゅうにまんべんなく光を当てられることがフォトフェイシャルの良さです。

一定技術を持つ人しかレーザーは使えませんが、フォトフェイシャル治療は基礎的な点を抑えれば問題ありません。