電話のかけ方

illust3520.pngのサムネール画像

今、電話はコミュニケーションに欠かせないもの。ビジネスやプライベートな生活でも電話なしでは成り立たなくなっていますよね。そして携帯電話が普及した今、なくてはならないものになっています。

だからこそ電話を上手にこなせるかどうか重要になります。
電話のマナーの初歩は、まず自分の名前を名乗り、話していいかどうか相手の都合を聞きましょう。

携帯電話の場合は、相手がどういう状況でつながってるのか分かりませんから「今、話していいですか?」と聞くのは絶対の条件です。

会議中や電車に乗っていたり車を運転してたりするかもしれません。
電話がつながりすぐに話出したりしたら困るかもしれません。必ず大丈夫な状態か確認しましょう。

固定電話の場合は、電話がつながっても留守な時があります。
その時は、取次の人に自分の名を名乗り、いつかけ直せばよいかを聞きましょう。

先方の方から折り返し電話をしますと言われたら相手が知っているはずでもこちらの電話番号は忘れず伝えましょう。

電話は顔が見えませんし、相手の状況がわからないので言葉がすべてです。
自分では普通に話していても電話では、きつく伝わる話し方の人は、できるだけゆっくり、はっきり、柔らかく丁寧に伝えるように話すよう心がけてみて下さい。